おまとめローンは総量規制対象外?その仕組みは?

おまとめローンが総量規制の対象外であるかどうかはどこで借り入れを行うかで変わってきます。銀行や信用金庫は貸金業ではないため、おまとめローンに限らず全ての借り入れが対象外になります。貸金業である消費者金融は総量規制の対象になるため、通常の借り入れに関しては年収の3分の1までしか借りられません。しかし、おまとめローンであればこの制限を超えていても借り入れできます。
この仕組みとして、そもそも総量規制とは借り入れを制限して利用者の利便性を奪うためのものではなく、借り過ぎによって返済が困難にならないように利用者を保護することを目的とした制度です。そのため、借り換えによって有利な条件になるおまとめローンは総量規制の例外とされ、年収の3分の1を超えていても審査に通れば借りられます。
対象外と例外の違いについて、銀行の借り入れは対象外であるため、総量規制の対象となる借り入れ総額の計算には含まれません。これに対し、例外である消費者金融のおまとめローンは対象にはなっているため、この総額の計算に含まれます。そのため、年収の3分の1を超える金額を消費者金融でまとめている場合、借り入れ残高がこの制限を下回るまでは貸金業者から追加の借り入れができません。
なお、消費者金融のおまとめローンは返済中の追加の借り入れは規約で禁止されていることが多く、他社で借りると規約違反で一括返済を請求される恐れがあります。そのため、空きができても返済が終わるまでは借り入れをしない方が良いでしょう。