カードローンの払いすぎとはどういうこと?

カードローン ランキングはこちら

カードローンの払いすぎについて、過払い請求ができるという話になってから、割りと時間が経ちました。

過払い請求とは、法定金利を超えて支払った利息について返還請求をすることをいいます。法定金利、というのは利息制限法にのっとった金利のことです。この利息制限法違反には実は罰則がありません。そのため消費者金融などの貸金業者では、出資法をもとに高い金利を設定していたのです。

出資法と利息制限法の間の金利をグレーゾーン金利とよび、過払い請求はこのグレーゾーン金利で支払った利息の返還を求めるものでした。これが最高裁で認められたことから、一気に過払い請求の返還が起こったのです。完済から10年で時効が成立してしまいますが、カードローンは繰り返し使うことができますので、継続取引と判断されることが多いのです。

カードローンの過払い請求をする場合は、借り入れをした時期をみてみましょう。2006年以前に借り入れをした場合は、利息制限法を越えた金利である可能性が高いです。

払いすぎの相談は弁護士や司法書士などにするのがよいでしょう。無料相談が設けられているところもあります。個人で請求というのもできることにはなっていますが、実際はなかなか取り合ってくれないこともあります。やはり専門家の力を借りたほうがよいでしょう。

注意しておかなければならないのは、過払い請求を行うとその会社からの借り入れはもうできなくなります。その会社が保証会社となっている系列のカードローンなどの申し込みもできなくなります。